アントニオ・コンテ

Antonio Conte 1969~
選手実績 / ★★★
イタリア人監督

現役時代そのままの闘志溢れる采配でセリエBのバーリーとシエナをセリエAに昇格させ、ユヴェントスではリーグ3連覇。史上最弱といわれたイタリア代表を攻撃的な美しいサッカーでベスト8に導くなど、実績は十分。2016/17シーズンよりチェルシーを率い、チームはクラブ新記録となる12連勝で首位をひた走っている。チェルシーで結果を残せば、名将の仲間入りを果たすだろう。今後に注目の若手監督だ。

選手歴

現役時代はレッチェ、ユヴェントスに在籍。ポジションは守備的なMFで、ハードワークで攻守に貢献するタイプだった。代表ではアメリカW杯とユーロ2000のメンバーに選出され、どちらの大会も準優勝という好成績を収めている。

監督歴

現役引退後、セリエAのシエナで助監督を1年間務め、その後アレッツォ、バーリ、アタランタ、シエナそれぞれのクラブで監督に。当時セリエBに所属していたバーリとシエナをそれぞれAへ昇格に導く。その実績が評価され、2011年にユベントスの監督に抜擢。当時ユベントスは2シーズン連続で7位と低迷していた。しかしミランからピルロを獲得し中心選手として起用するなど戦術もはまり、就任1年目から無敗でリーグ優勝。ユベントスは以降も圧倒的な強さでリーグ3連覇を達成した。しかし2014年、補強を巡ってフロントと意見が会わず辞任する。その1か月後に自国イタリアの代表監督に就任。ユーロ2016予選では無敗で首位通過し、本大会でもベスト8と結果を残す。大会終了後、代表監督を辞任。2016/17シーズンからプレミアリーグのチェルシーの監督に就任した。

2006/07 アレッツォ(イタリア2部)
3部降格
2007/08 バーリ(イタリア2部)
リーグ11位
2008/09 バーリ(イタリア2部)
1部昇格
2009/10 アタランタ(イタリア)
2部降格
2010/11 シエナ(イタリア2部)
1部昇格
2011/12 ユヴェントス(イタリア)
リーグ優勝
2012/13 ユヴェントス(イタリア)
リーグ優勝
2013/14 ユヴェントス(イタリア)
リーグ優勝 CLベスト4
2014/15 イタリア代表
2015/16 イタリア代表
ユーロベスト8
2016/17 チェルシー(イングランド)
リーグ優勝
2017/18 チェルシー(イングランド)
リーグ5位 CLベスト16

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*