ビセンテ・デルボスケ

Vicente Del Bosque González 1950~
スペイン国旗

素朴で慎み深く、気取らない人間性で、フィーゴ、ジダン、ロナウドなどのスーパースターを揃えた「銀河系軍団」を巧みにまとめ上げ、チームとして機能させる見事な手腕を見せたデルボスケ。「何もしない」名監督として有名で、スターたちが存分にその力を発揮できるように自由を与えた。スペイン代表監督でもバルサとレアルの選手を融合させ、ワールドカップとユーロに連続優勝。その名を歴史に刻んだ。

代表的なフォーメーション

レアルマドリード 2001/02シーズン
レアル フォーメーション

監督歴

現役時代は、レアルマドリードをメインにリーガエスパニョーラで441試合に出場し30得点。スペイン代表としても18試合に出場している。

選手歴

引退後はレアルマドリードの下部組織で指導者の道を歩み始める。1994年と1996年の2回、暫定監督としてトップチームを指揮した後、1999年、正式にトップチームの監督に就任。この時も「便利屋」と思われたが、4年間でリーグ優勝2回、チャンピオンズリーグ優勝2回という輝かしい結果を残す。しかし2002/03シーズン終了後、クラブはベッカムの獲得を発表する一方、マケレレ、イエロ、モリエンテスらクラブの功労者を相次いで放出。監督であるデル・ボスケとも契約を更新しないと発表した。これ以降、レアルマドリードは急速に弱体化してゆく。

レアルマドリード退団後はトルコのベシクタシュの監督に就任するが、思うような結果を残せず一期で解任。しばらく表舞台から姿を消すが、2008年にアラゴネスの後任としてスペイン代表監督に就任。2010年のワールドカップ、2012年のユーロに優勝し、ワールドカップ、ユーロ、チャンピオンズリーグを制した史上初の監督となった。

1999/00 レアルマドリード(スペイン)
リーグ5位 CL優勝
2000/01 レアルマドリード(スペイン)
リーグ優勝 CLベスト4
2001/02 レアルマドリード(スペイン)
リーグ3位 CL優勝
2002/03 レアルマドリード(スペイン)
リーグ優勝 CLベスト4
2003/04
2004/05 ベシクタシュ(トルコ)
リーグ4位
2005/06
2006/07
2007/08
2008/09 スペイン代表
2009/10 スペイン代表
Wカップ優勝
2010/11 スペイン代表
2011/12 スペイン代表
ユーロ優勝
2012/13 スペイン代表
2013/14 スペイン代表
Wカップグループリーグ
2014/15 スペイン代表
2015/16 スペイン代表
ベスト16
2016/17

デルボスケ語録

レアルは自分の永遠のクラブではあるが、しばらくは離れていたい。
2004年、親友カマーチョからカンテラの再生を請われた時の言葉。2002/03シーズン、リーガ優勝を果たしたにもかかわらずクラブは彼を解任。レアルを愛した男の心の傷は大きかった。
レアルマドリー人には守っていかなければならないルーツがある。それがこの偉大なるカリスマが残した勝利者精神なのだ。
「偉大なるカリスマ」とはレアルマドリードが1956年からCL5連覇を達成したときの立役者であるアルフレド・ディステファノのこと。「絶対に勝たなければ気が済まない人」というニュアンスを持つ「ガナドール」という言葉を体現したかのような人物だった。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*