マウリシオ・ポチェッティーノ

Mauricio Pochettino 1972~
選手実績 / ★★★

選手時代はアルゼンチン代表のセンターバック。古巣のエスパニョールで監督デビューし、サウサンプトンをプレミアの8位に導き名を挙げる。翌年よりトッテナムの監督に就任すると、リーグ中位が定位置だったチームを2015/16シーズンは3位に躍進させる。陣形を全体をコンパクトに保ちプレスをかけ続ける「ハイプレス ハイライン」の戦術がチームに浸透し、高いクオリティのサッカーを披露している。今後が楽しみな若手監督のひとりだ。

選手歴

ポジションはセンターバック。ニューウェルズオールドボーイズでプロデビュー。1994年にはエスパニョール、パリサンジェルマン、2度目となるエスパニョールでレギュラーとして活躍。34歳で現役引退。アルゼンチン代表としても20試合に出場した。

監督歴

2009年1月、18位と低迷していたエスパニョールの監督に就任し、下位に低迷する同チームをラスト10試合で8勝1分1敗という成績で10位に引き上げた。2010/11シーズンはリーグ8位という好成績を残す。しかしその後は目立った成績を残せず、2012年11月、成績不振のためエスパニョールの監督を解任される。

2012/13シーズン途中にサウサンプトンの監督に就任。2013/14シーズンにはサウサンプトンをプレミアリーグ初の8位に導く。2014/15シーズンよりサウサンプトンの成績が認められトッテナムの監督に就任。2015/16シーズンはリーグ3位、2016/17シーズンはリーグ2位という素晴らしい成績を収める。

2009/10 エスパニョール(スペイン)
リーグ11位
2010/11 エスパニョール(スペイン)
リーグ8位
2011/12 エスパニョール(スペイン)
リーグ14位
2012/13 エスパニョール(スペイン)
途中解任
2013/14 サウサンプトン(イングランド)
リーグ8位
2014/15 トッテナム(イングランド)
リーグ5位
2015/16 トッテナム(イングランド)
リーグ3位
2016/17 トッテナム(イングランド)
リーグ2位 CLグループリーグ
2017/18 トッテナム(イングランド)
リーグ3位 CLベスト16

ポチェッティーノ語録

今、マーケットはクレイジーだ。選手の価値がどれだけうなぎのぼりになっているかわかるだろう。
もし許されるのであれば、私は君たち皆を殺しているところだ。
2015/16シーズン、優勝争いを繰り広げながら、最後に崩れてしまったトッテナム。アーセナルにも抜かれ3位という悔しい結末を迎えた。その時、選手たちに言った言葉。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*