ジネディーヌ・ジダン

Zinedine Zidane1972~

ワールドカップ優勝、チャンピオンズリーグ優勝などサッカー選手としてあらゆる栄冠を手にし、1990年代後半から2000年代前半にかけて「世界最高のサッカー選手」と称えられたジダン。2015-16シーズン途中からいきなりレアルのトップチームの監督に就任するも、その年のチャンピオンズリーグで優勝、翌年はリーグ優勝、チャンピオンズリーグ優勝と、順調な滑り出しを見せている。監督としては戦術の幅が多く、選手に対しても謙虚で冷静な性格が高い評価を得ている。

選手歴

強靭なフィジカルと抜群のテクニックを最高レベルで兼ね備え、ワールドカップ、ユーロ、チャンピオンズリーグといった主要タイトルを主力選手として勝ち取ったスーパースター。バロンドールに1度、FIFA最優秀選手賞にも3度選出。06年のドイツワールドカップではフランス代表として決勝進出を果たしたが、イタリア代表のマテラッツィへの頭突きで退場。チームも準優勝に終わり、大会後に現役を引退した。

監督歴

現役引退後、TV解説者、レアルマドリードのスポーツディレクター、同Bチームの監督を経て、2016年1月、ベニテスの後釜としてレアル・マドリードの監督に就任。5月に行われたチャンピオンズリーグ 決勝では、アトレティコマドリードをPK戦の末に下し優勝を達成。史上7人目となる選手・監督の両方でチャンピオンズリーグ優勝を達成した人物となった。

2016/17シーズンはリーガ15節のデポルティーボ戦での勝利により連続無敗記録を35試合とし、クラブ記録を樹立。その後も無敗記録を40試合に伸ばしてバルセロナが保持していたスペイン記録を更新した。ローテーションを敷いて選手の体調管理に気を配り、その結果、シーズン終盤戦でもチームは息切れすることなく、5年ぶりのリーグ優勝に導いた。続くチャンピオンズリーグでもユヴェントスに勝利し、チャンピオンズリーグ改称後初の2連覇という快挙を成し遂げた。

2015/16 レアルマドリード(スペイン)
途中就任
2016/17 バルセロナ(スペイン)
リーグ優勝 CL優勝

ジダン語録

このチームを見てくれ。これだけ化け物みたいな選手たちを抱えていたら、CL連覇は簡単なことなんだ。
ユヴェントスを4-1で下し、2度目のチャンピオンズリーグ優勝を果たして。

コメントを書く

Leave a Reply

あなたのメールアドレスは公開されません


*