マウリツィオ・サッリ

Maurizio Sarri 1959~
選手実績 / なし
イタリア人監督

Embed from Getty Images

銀行員として働きながらイタリアの下部リーグの監督を20年以上つとめキャリアを積んだ異色の監督。アマチュアチーム監督の時代から、対戦相手を研究し緻密な戦術をたてるというプロ顔負けの指導を行なっていた。そんなサッリは率いたチームを軒並み昇格させ、セリエDのサンソビーニでアマチュア最高峰のコッパ・イタリア・セリエDを制して一躍その名を轟かせた。
2005/06シーズンよりセリエBのペスカーラ監督に就任し、プロ監督としてのキャリアを開始。2012/13シーズンよりセリエBのエンポリの監督に抜擢されると、2年目にはセリエA昇格を果たす。2015/16シーズンよりベニテスの後任としてナポリ監督に就任。リーグ2位、3位、2位と結果を残す。2018/19シーズンよりアントニオ・コンテの後任としてチェルシー監督に就任。長い下積みを経てビッグクラブの監督に上り詰めたサッリの手腕に期待したい。

選手歴

アマチュアリーグのDFとして活動していたがすぐに引退し、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行に就職する。

2012/13 エンポリ(イタリア2部)
リーグ4位
2013/14 エンポリ(イタリア2部)
リーグ2位(※1部昇格)
2014/15 エンポリ(イタリア)
リーグ15位
2015/16 ナポリ(イタリア)
リーグ2位
2016/17 ナポリ(イタリア)
リーグ3位
2017/18 ナポリ(イタリア)
リーグ2位 CLグループリーグ
2018/19 チェルシー(イングランド)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*