ワールドサッカー誌選定 史上最優秀監督ランキング

 
1位
49票
アレックス・ファーガソン
(スコットランド)
2位
46票
リヌス・ミケルス
(オランダ)
3位
21票
ジョゼ・モウリーニョ
(ポルトガル)
4位
19票
エレニオ・エレーラ
(アルゼンチン)
5位
18票
ジョゼップ・グアルディオラ
(スペイン)
6位
15票
アリゴ・サッキ
(イタリア)
7位
14票
バレリー・ロバノフスキー
(ウクライナ)
8位
12票
ボブ・ペイズリー
(イングランド)
9位
9票
ハーバート・チャップマン
(イングランド)
ベラ・グッドマン
(ハンガリー)
マリオ・ザガロ
(ブラジル)
エルンスト・ハッベル
(オーストリア)
13位
8票
テレ・サンターナ
(ブラジル)
ビットリオ・ボッツォ
(イタリア)
マルチェロ・リッピ
(イタリア)
ビセンテ・デルボスケ
(スペイン)

イギリスで最も権威のある「ワールドサッカー」誌が、世界のサッカージャーナリストによる投票により決定した監督ランキング。栄えある1位に輝いたのは、27年に渡る長期政権を終えたファーガソン。僅差で2位になったのが、1970年代にトータルフットボールで一大旋風を巻き起こしたミケルス。全体的にはレジェンド監督と少し前にレジェンド入りしたファーガソンの間に、モウリーニョとグアルディオラが割って入った感じ。

人気投票
歴代世界最優秀監督は?

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*